展示室 > 動画一覧 > Video181

前の動画 : video180  -  次の動画 : video182

臆病なプレウロネマ?の動き

粒子の間で動かない細い卵型繊毛虫。長い繊毛は静止したまま周囲に伸び、側面の膜状構造部だけが動いている。突然粒子の外に飛び出すが、また粒子の陰に潜りこみ、いかにも神経質な動きをする。


月井雄二先生(法政大)のコメント
プレウロネマの中でも大型の種であるPleuronema marinumだと思います。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

これと似たものにヒスチオバランチウム(Histiobalantium)がいますが,Histiobalantiumは体表全体に長短2種類の繊毛があるのが特徴です。動画を見るかぎりそのような2種類の繊毛はないようなのでPleuronema marinumでよいと思います。

細胞の外形もHistiobalantiumよりはPleuronemaに近いです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/05/28

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video180  -  次の動画 : video182