展示室 > 動画一覧 > Video140

前の動画 : video139  -  次の動画 : video141

粒子凝集体と3匹の繊毛虫

砂粒・有機物・微生物が集まった凝集体には食べ物が沢山あるらしく、3匹の繊毛虫が繰り返し出入する。ほぼ同じ大きさで、一匹は茶色で小太りな細長、一匹は黒褐色でスリム、一匹はやや小さい卵型で凝集体から殆ど外に出て来ない。互いに衝突や、干渉し合うこともなく、餌さがしに余念がない。


月井雄二先生(法政大)のコメント
最初から最後まで写っているのは,棘毛がよく発達していること,細胞質が赤味を帯びていることからウロスティラの仲間でホロスティカ(Holosticha polystylata)だと思われます。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

他の2細胞は瞬間的にしか写っていませんので何であるかを判定できません。最初の方は旋毛類(Spirotrichea)の仲間で,最後にちょこっとだけ姿を見せるのは,細胞質の様子が旋毛類とはまったく異なります。これと似たものとしては,フロントニア(Frontonia)かロクソケファルス(Loxocephalus),デキシオトリカ(Dexiotricha)などがあります。どれに近いかは細胞口がどこにどのような形であるかなどがわからないと判断できません。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/05/27

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video139  -  次の動画 : video141