展示室 > 動画一覧 > Video129

前の動画 : video128  -  次の動画 : video130

尾部に突起のある繊毛虫

藻類や粒子凝集体間を300ミクロン位の繊毛虫が活発に遊泳、とがった先端を横に少し曲げ、体の後端に妙な突起をぶら下げている。この突起は本来の構造か噛みつかれた残りか不明。超巨大細長繊毛虫が近くを通り過ぎる。


月井雄二先生(法政大)のコメント
尾部の突起は採取時に砂粒などに触れて傷ついた結果だと思われます。細胞前半は形が崩れていませんので同定は可能です。細胞先端部が鳥の嘴のような形をしていますのでロクソデス(Loxodes)かレマネラ(Remanella)のいずれかです。

ロクソデス 

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

レマネラ 

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

細胞後半部が傷ついて変形しているので断定はできませんが,元は細胞全体が細長かったと思われますので,おそらくレマネラ属(Remanella)のはずです。種名については情報不足でわかりません。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/05/27

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video128  -  次の動画 : video130