展示室 > 動画一覧 > Video98

前の動画 : video97  -  次の動画 : video99

色々に向きを変えるツリガネムシ

長い柄で個体に付着しながらあちこち向きを変えるツリガネムシ。真上や真横から細胞を観察できます。広い口の周りの繊毛を盛んに動かし、飛び込んでくる餌を捉えますが、体に入った餌は、食胞に取り込まれ、奥へ運ばれて行きます。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはツリガネムシの中で出現頻度が高い Vorticella convallariaだと思います。

ただし,Vorticella属は似た種がたくさんいますので,断定するのは難しいです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video97  -  次の動画 : video99