展示室 > 動画一覧 > Video94

前の動画 : video93  -  次の動画 : video95

粒子脇の藻類の仲間たち

粒子から半分顔を出し、じっとしている大型緑藻。先端部で細かい顆粒が動いています。一方細長いミドロの仲間が粒子に向け直進し、また後退する動きを見せています。他に粒子にくっ付いて動かないミドリムシやじっとしている沢山の珪藻もいます。


月井雄二先生(法政大)のコメント
黒い粒子に半分以上隠れているのは,平地の池や田圃で良くみられる ミカヅキモ(Closterium acerosum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

右下から粒子に近付いてくるのはユレモ(Oscillatoria)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

糸状体(トリコーム)の幅がやや狭く,細胞の縦の長さが短い,細胞間の隔壁に顆粒が ないように見えますので,Oscillatoria simplicissima の可能性があります。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

ただし,Oscillatoria simplicissimaだと断定するためには, 糸状体の幅(μm),細胞の縦幅(μm)を測定し,顆粒の有無を確かめなければなりません。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video93  -  次の動画 : video95