展示室 > 動画一覧 > Video45

前の動画 : video44  -  次の動画 : video46

あちこちに場所を変え

一箇所に停止し、口の周りの繊毛を動かしながら餌を捉えるストロビリディウムの仲間。時々場所を変えては餌をねらう。柄はないが、粒子などにくっついて定位置を保つ。体の後ろには透明な液胞があり時々収縮するのが見える。


月井雄二先生(法政大)のコメント
繊毛虫の属名は ストロンビディウム Strombidium か,ストロビリディウム Strobilidium です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

両者はよく似ています。先端部にある「周口小膜域の小膜の輪が連続している」のが ストロビリディウムで,ストロンビディウムは繋がっていない(両端が後方へ向かう) のが特徴とされます。動画では,周口小膜域の様子を識別するのはかなり難しいです。) コメントに「体の後ろには透明な液胞があり」とありますが,このような構造を収縮胞(contractile vacuole)と云います。

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video44  -  次の動画 : video46