展示室 > 動画一覧 > Video3

前の動画 : video2  -  次の動画 : video4

餌をあさる大型繊毛虫

体長約200ミクロン、体の前後の繊毛を動かし、粒子の間を行ったり来たり


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはおそらくパラウロスティラ(Paraurostyla)です。

ウロスティラ(Urostyla)に比べると先端部が狭まっているのと,全体にやや小振りなのでパラウロスティラだろうと思われます。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

ただし,この仲間はたくさんいますので,この動画だけで種を確定するのは難しいです。

この仲間を正確に同定するには,細胞を固定染色して棘毛列を調べる必要があります。

棘毛列を染色する方法(プロタゴール染色)はかなり特殊で技術的に難しいです。

採取日:2009/07/02

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video2  -  次の動画 : video4