展示室 > 動画一覧 > Video28

前の動画 : video27  -  次の動画 : video29

プレウロネマ

粒子の隙間に潜む繊毛虫プレウロネマ。体の横に透明な膜上構造があり、そこから小さな鞭毛虫が次々体内に飛び込んでくる。その後首尾よく食胞に送られれば餌となるが、その前に、一旦膜を通して中に飛び込んでも又外へ逃げ去る者もあるようだ。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはたしかにプルーロネマです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

細胞がかなり大きいのと,他の特徴(とくに後端部の構造)を色々比較したところ, これはPleuronema marinum だと判定します。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video27  -  次の動画 : video29