展示室 > 動画一覧 > Video230

前の動画 : video229  -  次の動画 : video231

水田の繊毛虫

水田から採取後、DNB寒天(薄めた肉汁を寒天で固めたもの)上で4日間放置後、観察。

餌を探しているのか、繊毛虫が泳ぎ回る。小刻みに前進後進を繰り返したり、くるりと回転したりせわしない。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは繊毛虫の1グループ,棘毛目(アンフィシエラ目)の一種です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/taxono.....

このグループにはたくさんの種がいます。種を同定するには特殊な方法で棘毛(cirri)を染色して,その数,並び方などを調べる必要があります。この動画だけでは属名すらわかりません。

ただし,細胞が左右に方向を変える際,細胞体自身が左右に曲りますので,スポラドトリカ亜目オキシトリカ科(Sporadotrichina, Oxytrichidae)のスティロニキア属(Stylonychia)でないことは確かです。スティロニキア属の仲間は,左右に方向転換する際,細胞体は変形しません。

方向転換の際,細胞体が左右に曲るのは,オキシトリカ科のオキシトリカ属(Oxytricha)か,あるいは,別グループ(ウロスティラ亜目 Urostylina)のウロスティラ属(Urostyla)などです。

採取日:2006/09/22

採取場所:鹿島台水田  Google Map

前の動画 : video229  -  次の動画 : video231