展示室 > 動画一覧 > Video23

前の動画 : video22  -  次の動画 : video24

シヌラの旅

狭い粒子の隙間から出て次の粒子へと移動するシヌラ。約10数個の鞭毛藻の群体。長い鞭毛がよく見える。群体の中の一細胞は増殖のため二つに割れているのだろうか?


月井雄二先生(法政大)のコメント
「群体の中の一細胞は増殖のため二つに割れているのだろうか?」 とありますが,これは2つに割れているのではなく,もともとシヌラやマルロモナス などは細胞の側面に2つの葉緑体が向かい合って配置されています。おそらくその2 つの葉緑体が写っているものと思われます。

なんらかの原因で,この細胞は死んでしまい,現在は,細胞が分解していく途中段階 で,まだ2つの葉緑体が残っているように見えます。しかし,分裂の途中である可能 性も否定はできません。シヌラは縦分裂をしますが,よく見ると,葉緑体の周囲にあ る細胞質部分も先端部がややくびれています。これは分裂の始まりなのかも知れませ ん。

私はシヌラ細胞の分裂を詳しく観察したことがありませんので,分裂の途中なのか, それともやはり,死んだ細胞が外へ出された,あるいは,何かにぶつかるなど外部か らの作用で群体の一部が外へ飛び出してしまっただけなのかはわかりません。

また,シヌラはバラバラになると単細胞で暮らすマルロモナスと区別がつきません。

群体の他に似た形の単細胞のものも写っていますが,これは群体から外れたシヌラで ある可能性が高いですが,まったく別のマルロモナスである可能性も排除できません。

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video22  -  次の動画 : video24