展示室 > 動画一覧 > Video224

前の動画 : video223  -  次の動画 : video225

水田のアメーバ

水田から採取したアメーバ。擬態というわけではないだろうが、透明な体と内部の粒子が、周囲の凝集物と区別がつけづらい。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは裸性アメーバの仲間ですね。裸性アメーバの同定は,移動時の形で行いますが,この動画では周囲にいろいろなものがあって,残念ながら細胞全体の形がはっきりしません。動画からは細胞長が100μm以上あることがわかります。細胞体は扁平でなく,ある程度の厚みがあるのでツブリナ亜目に属するはずです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/taxono.....

 (注:日本語) また,先端部に顆粒を含まない透明な部分(透明冠)があるのもわかります。ただ,100μm以上ある比較的大型のアメーバのわりには,細胞内にある顆粒が少なく,かつ一個一個が大きいのが気になります。大型のアメーバの場合,一般的には小さな顆粒がもっとたくさんあるのが普通です。印象としてはより小さなアメーバのような気がします。200μmというスケールは正しいのでしょうか?

採取日:2006/08/17

採取場所:鹿島台水田  Google Map

前の動画 : video223  -  次の動画 : video225