展示室 > 動画一覧 > Video192

前の動画 : video191  -  次の動画 : video193

水田:体の一部が飛び出した太陽虫

水田から採取後、寒天上で数日放置。

少し変わった形の太陽虫を見つけた。最初は傷から身体の中身が飛び出したのかと想像したが、徐々に身体の中に戻っていく。興味深い動きだ。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは小型の太陽虫です。このような小さな太陽虫には頻繁に遭遇しますが、ハッキリした特徴がないのと、文献情報の不足から同定が困難な場合が多いです。

この動画の太陽虫は細胞表層から針のように細い軸足が伸びている以外、目立った特徴がありません。一番可能性があるのは Rabdiophrys ですが、この仲間は最近の分類では、太陽虫綱(Heliozoea)から糸状根足虫綱(Filosea)へ所属が変更されています。

この動画では、球形の細胞の一部が飛び出してアメーバのように変形していますが、おそらく餌をとるためにこのような動きをしたのでしょう。太陽虫は普段は球形ですが、大きな餌を捕食する際には、著しく変形してアメーバのようになることがあります。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2006/10/16

採取場所:鹿島台水田  Google Map

前の動画 : video191  -  次の動画 : video193