展示室 > 動画一覧 > Video175

前の動画 : video174  -  次の動画 : video176

狭い空間で身をよじる大型繊毛虫

粒子間の狭い空間で身をくねらせ動きまわる約300ミクロンの繊毛虫。全体の姿は見られない。


月井雄二先生(法政大)のコメント
細胞の外形,細胞質が黒ずんでいることからフロントニア(Frontonia leucas)の可能性が高いです。ただし,細胞表層にたくさんあるトリコシストがはっきり見えないのが気になります。

倍率が低いために写っていないだけなのか,もともと無いかがハッキリしません。

もし,トリコシストが無いか,少ない場合は,キロドントプシス(Chilodontopsis)である可能性も否定できません。細胞口の形が写っていれば,どちらはかすぐに分かるのですが,,,。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/05/28

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video174  -  次の動画 : video176