展示室 > 動画一覧 > Video160

前の動画 : video159  -  次の動画 : video161

粒子周縁で餌をあさる繊毛虫

150ミクロン程度の細長繊毛虫。体の前後の長い繊毛を盛んに動かしながら、粒子凝集体にもぐり込んだり、表面を移動して盛んに餌をあさっている。


月井雄二先生(法政大)のコメント
動画のほとんどが細胞を横から撮影していますので,これだけでは何なのか判定するのは難しいです。おそらく棘毛類(Stichotrichida)の一種だろうと思いますが,棘毛類は種類が非常に多いので種を同定するには,上から見た外形や棘毛列の数やその配置を調べる必要があります。

採取日:2009/05/28

採取場所:広瀬川B  Google Map

前の動画 : video159  -  次の動画 : video161