展示室 > 動画一覧 > Video145

前の動画 : video144  -  次の動画 : video146

じっとたたずむ小型繊毛虫

画面中央に、約70ミクロンの楕円形繊毛虫が繊毛をかすかに動かしながらじっとしている。

最後に位置を変えどこかに見えなくなった。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは同定が難しいですね。まず繊毛虫であることには間違いないです。収縮胞の動きも見えます。

これ以外は判断が難しいですが,細胞口は,おそらく先端部にあるのだと思います。

とすると,コレプス(Coleps)やプロロドン(Prorodon)などと同じ前口綱(Prostomatea)に属するはずですが,コレプスなら細胞表面に鎧のような硬いプレートを着けていますし,プロロドンにしてはかなり小さいです。細胞口に見られる筒状の構造も確認できません。よって,これが何という名前の繊毛虫であるかは今のところわかりません。

採取日:2009/05/27

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video144  -  次の動画 : video146