展示室 > 動画一覧 > Video135

前の動画 : video134  -  次の動画 : video136

回転に余念のない繊毛虫

長さ100ミクロン、ほぼ楕円だが後部分はやや細く曲がっている。ほぼ同じ場所で絶えず回転している。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは傷ついて断片化した繊毛虫のように見えますが,そうではなくこれが本来の形である可能性もあります。後者の場合は,何属か不明です。ただし,あきらかに後ろ向きに泳いでいますので,なんらかのダメージというか,通常とは異なる状態にあることはたしかです。よって断片化していないとしても,細胞が変形している可能性は否定できません。

採取日:2009/05/27

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video134  -  次の動画 : video136