展示室 > 動画一覧 > Video107

前の動画 : video106  -  次の動画 : video108

ストロンビディウムの繊毛に撥ね飛ばされる小生物

ストロンビデイウムを上から写した画面です。口の周りの激しい繊毛の動きで、周りから接近する小生物は次々撥ね飛ばされてしまいます。


月井雄二先生(法政大)のコメント
ストロンビディウム(Strombidium)の可能性もあるとは思いますが, ストロンビディウム(Strombidium)によく似たストロビリディウム(Strobilidium)である 可能性もあります。

両者は細胞先端にある刺毛列が閉じている(円形,Strombilidium)か, 閉じずに片方の端が細胞の後方に向かっているかの違いで区別されます。

しかし,これは細胞が止まったところを横から観察しないとわかりません。

細胞が球形である特徴を基に手持ちの文献を探すと, Strombidiumで球形のものは見当たりませんでしたが, Strobilidiumの一部に球形のものがいました。

Strobilidium elegans という種です。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video106  -  次の動画 : video108