展示室 > 動画一覧 > Video100

前の動画 : video99  -  次の動画 : video101

不明な小型生物

黄褐色円形小型生物がじっとしています。殻につつまれ殆ど動きがありません。


月井雄二先生(法政大)のコメント
この画像だけでは何なのか判断はできませんが、色々特徴があります。

1)形が円形である。

2)殻と内部の細胞の間に隙間がある。

  細胞の表層部にやや厚めの黄褐色の構造があるが,   これは葉緑体のように見える。

3)殻の両側やや下方に小さな空胞がある。

  おそらく液胞か収縮胞だろう。

  右側は途中で形が小さくなったので,こちらは収縮胞の可能性が高い。

以上の点を考慮すると,黄金色植物綱の仲間の可能性が高いといえます。

円形だと特徴が少ないのでどんな黄金色植物なのかはわかりません。

もしかすると,黄金色植物のシスト(休眠状態の細胞)かも知れません。

シストだとほとんどの生物が球体になりますので,シストだけでは 属名を知ることすら不可能です。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

前の動画 : video99  -  次の動画 : video101