展示室 > 動画一覧 > Video1

最初の動画です  -  次の動画 : video2

特徴のつかめない小型アメーバ

体長約50ミクロンで柔らかいが、体内には顆粒がぎっしりつまり硬い感じもする。 四方に細長い偽足を出してゆっくり粒子の間を動いている。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはフィラアメーバ(Filamoeba)かバンピレラ(Vampyrella)のいずれかです。

細胞表層からたくさんの糸状仮足を出して移動します。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

外形からはフィラアメーバの可能性が高いですが,細胞内に赤味を帯びた色素があるので,その点ではバンピレラの可能性もあります。(赤味成分は餌として取り込んだアオミドロなどに由来するもので,飢餓が進むと赤味が消えます) バンピレラは通常は太陽虫に似た球形をしていますが,活発に移動する際には,フィラアメーバとほとんど区別がつきません。

採取日:2009/07/02

採取場所:広瀬川A  Google Map

最初の動画です  -  次の動画 : video2