展示室 > 名称別 > アスピディスカ

面白い回転運動

体長50ミクロンほどの繊毛虫、上から見ればほぼ円形、横から見ればカメのよう。体の前後の太めの繊毛を振りたてながら、くるくると回転しつつ移動する。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはアスピディスカ(メンガタミズケムシ,Aspidisca)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

細胞の背側に縦筋が見えますので Aspidisca cicada(旧称:A. costata)と思われます。

野外ではよく遭遇する種類です。

採取日:2009/07/02

採取場所:広瀬川A  Google Map

いくつかの原生動物たち

粒子に囲まれた空間を、まずアスピデイスカが通り過ぎ、つぎにやや大型の繊毛虫が忙しく餌をあさりはじめます。粒子の陰にはもう一つ、分裂中で細胞が2個繋がった繊毛虫が半分姿をみせています。


月井雄二先生(法政大)のコメント
最初に左下から右上に移動してきたのは, アスピディスカ(Aspidisca)です。

おそらくAspidisca cicada(旧称;Aspidisca costata)。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

その途中,黒い顆粒に半分隠れて見えている分裂中の細胞(画面中央上)は, 腐食質の多い環境でごく普通に見られるキネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

アスピディスカが去った後で,右下から現れるのはウロレプタス(Uroleptus)です。

種名はわからず。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map