展示室 > 名称別 > キネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)

小さい繊毛虫の繊細な動き

平たい身体の周りに放射状の繊毛が動いています。餌を探しているのか動き回っていますが、一箇所に停まっていることもあります。あまり目立たず繊細な動きの小さな繊毛虫です。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは,キネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

腐食質の多い環境では非常によく見つかります。

採取日:2009/08/08

採取場所:広瀬川A  Google Map

小さな小さな繊毛虫

川底の色々な粒子の間で熱心に餌をあさる小さい繊毛虫。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは通常よりやや小さいですが,おそらくキネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

腐食質の多い環境では非常によく見つかります。

採取日:2009/08/08

採取場所:広瀬川A  Google Map

いくつかの原生動物たち

粒子に囲まれた空間を、まずアスピデイスカが通り過ぎ、つぎにやや大型の繊毛虫が忙しく餌をあさりはじめます。粒子の陰にはもう一つ、分裂中で細胞が2個繋がった繊毛虫が半分姿をみせています。


月井雄二先生(法政大)のコメント
最初に左下から右上に移動してきたのは, アスピディスカ(Aspidisca)です。

おそらくAspidisca cicada(旧称;Aspidisca costata)。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

その途中,黒い顆粒に半分隠れて見えている分裂中の細胞(画面中央上)は, 腐食質の多い環境でごく普通に見られるキネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

アスピディスカが去った後で,右下から現れるのはウロレプタス(Uroleptus)です。

種名はわからず。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

小さな繊毛虫が動き回る

30μ位の小判型繊毛虫が、体のわりに長い繊毛を小刻みに動かしながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったりしています。体の中でも、何かぴくぴくと動いています。食べ物は小さな細菌なのでしょうか、捕食の様子は分かりません。とても繊細な感じの繊毛虫です。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これは他でも紹介しているキネトキルム(Cinetochilum margaritaceum)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

この種は多少とも腐食質がある環境ではかなり高頻度に見つかります。

細胞後部にある大きな口と,後端部から後方に向かって伸びる数本の 長い尾部繊毛が特徴です。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map