展示室 > 名称別 > ウロレプタス(Uroleptus limnetis?)

とっくり状の口をもつ細長い繊毛虫

体長400ミクロン、大型で細長い繊毛虫。前端は徳利のように、後端は針のように細く、両端に繊毛が密集している。餌をあさるのか、「粒子に頭を突っ込んで は素早く後退」という動作を繰り返す。口のあたりに管状構造が見られ、倍率を拡大すると口から入った食物が細胞内に送られる動きも見られる。


月井雄二先生(法政大)のコメント
繊毛虫の属名は ウロレプタス Uroleptus

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

種名:Uroleptus limnetis である可能性が高いが断定できませんでした。

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map