展示室 > 名称別 > ミドリムシ(Euglena viridis)

ミドリムシの柔らかい身体

引っ掛かった粒子からやっと離れたミドリムシ。とても柔らかい身体を伸び縮みさせ自由を求めて頑張っています。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはおそらく Euglena viridis です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

通常の E. viridis と比べるとやや太っていますが,コンディションの違いでこれくらいはよくある変化のはずです。

この種類は,細胞の後半分が透明(顆粒がない)で,そこにリボン状の葉緑体が細胞壁に沿って後端に向かって配置されているのが特徴です。

採取日:2009/08/08

採取場所:広瀬川A  Google Map

動かないミドリムシたち

この画面ではどういうわけか9匹のミドリムシが動けなくなっています。弱っているのか容器の壁にくっついてしまったのか分かりませんが、かすかな鞭毛の動きのみられるものもあります。その脇をアスピデイスカや細長い繊毛虫が走り抜けて行きます。


月井雄二先生(法政大)のコメント
ミドリムシの仲間は色々で,常に活発に動き回るものもいれば, 通常は,水底でジッとしているものなどもいます。

同じ種でも,条件によって遊泳したり,動きを止めたります。

動きを止めると丸まってしまうものが多く,形が単純化してしまい, 葉緑体の形も判別しにくくなりますので,動いていないミドリムシで 種を判定するのは困難です。

ただ,動画を見ていると,細胞後端部の様子が,Euglena viridisのそれと 良く似ている気がします。

同じような画像が以下にありますので参照願います。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

Euglena viridis である可能性大,といえます。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map

くっついて動けないミドリムシたち

固 体の表面にユーグレナが2匹くっついて動けなくなりました。そこへまた1匹泳いできてくっつき、初めは鞭毛を動かしていますが、やがて3匹がぴったり密着 してしまいます。傍を色々な鞭毛虫や繊毛虫が通り過ぎていきます。画面の最後は早送りで観察していますが、特に変化はないようです。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはあきらかにEuglena viridisです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

中央上から下がってきたのはおそらくウロトリカ(Urotricha)

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

その後,右下から現れる大形の繊毛虫はその形からラッパムシのようです。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map