展示室 > 名称別 > プレウロネマ あるいは ヒスチオバランチウム

身動きできないプレウロネマ?

長い藻類と粒子間で身動きできない様子のプレウロネマ、体の横の透明な膜だけが盛んに揺れている。約100ミクロンで後部に長い数本の毛が伸びている。周りを大小様々な繊毛虫が動きまわり、プレウロネマに衝突することもある。


月井雄二先生(法政大)のコメント
長い繊毛が横に並んだカーテン状の構造(velum)が見えますので,たしかにプレウロネマ(Pleuronema)かも知れません。プレウロネマだとすれば大型の Pleuronema marinumでしょう。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

ただし,同じvelumを持つもので,Pleuronema marinumと同じサイズの繊毛虫がいます。ヒスチオバランチウム(Histiobalantium natans)という種で,この種は細胞から伸びる繊毛が長短2種類あることで,Pleuronemaと区別されています。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

この動画では,長短2種類の繊毛があるか否かがはっきりしませんので,どちらとも断定はできません。

また,レマネラやホロスティカがまわりを泳いでいますね。小さな繊毛虫は今のところ何という種かわかりません。

採取日:2009/05/27

採取場所:広瀬川A  Google Map