展示室 > 名称別 > ヒスチオバランチウム

動かずにじっと獲物を待つ

粒 子の間でじっと動かず、体の周りに放射状に伸びた繊毛も殆ど動かさず上手に餌をとる繊毛虫。体の脇の膨らんだ部分に口があるのか、その付近が波打って度々 餌が飛び込み、細胞の奥に運ばれる様子が観察される。 一つの場所にじっとしているが、他の生き物の動きには敏感に反応し、素早く位置を変える。


月井雄二先生(法政大)のコメント
これはこれまでにも何度か登場しているヒスチオバランチウム(Histiobalantium natans)です。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

本種は,長さの異なる繊毛が2種類あるのが特徴です。大多数は10μ前後の短い繊毛ですが,間隔をおいてやや長い繊毛がまばらに生えています。

また,細胞口はゾウリムシなどと同様に細胞の横にありますが,その周囲に velum と呼ばれるより長い繊毛が横に並んでカーテン状になったものがあるのが特徴です。

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map