展示室 > 動き別 > 分裂

繊毛虫の分裂

分裂が終わりかけ、2個体が繋がったままの繊毛虫。口周りと尾部の棘毛を盛んに動かしている。何かの刺激で繋がったまま敏感に位置を変える。その間に2個体の繋がりは次第に弱くなり、最後に独立した2個体に。やがて2匹は完全に離れ思い思いに泳ぎだす。


月井雄二先生(法政大)のコメント
長い3本の尾部棘毛がありますので,これはスチロニキア(Stylonychia)だと 思われます。

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

採取日:2009/07/03

採取場所:広瀬川B  Google Map

膜に覆われた2個の藻類?

画面中央に透明で円形の膜に囲まれた緑色の2個の細胞が見られますが正体は不明です。


月井雄二先生(法政大)のコメント
画面中央よりやや右下にある1個だと思いますが, 中で細胞が動いているので,鞭毛を持っていることがわかります。

クラミドモナスやクロロコックム(ないしその仲間)の分裂中のものだと思います。

クラミドモナスは分裂の際は,ほとんどの場合,4個の娘細胞が できますが,クロロコックム類は娘細胞の数が一定しません。

4個の場合もあれば,2個,8個の場合もあります。

例:

http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Im.....

この動画では,2個の細胞が写っていますので,おそらく, クロロコックム,か,その仲間だと思います。

採取日:2009/10/18

採取場所:広瀬川A  Google Map